バンビジェリーの特徴について調べてみました!

バンビジェリーは、脚が太くて困っている悩みに対処するために開発されたボディクリームです。
むくみの状態を放置すると、老廃物がセルライトに変化して、次第にリンパの流れも悪化する悪循環に陥ることがあります。
こうした問題が長続きすると、脚のむくみも解消しにくい状態になりますが、このクリームを使っていれば複雑な作用で解消できるようになります。

 

セルライトは皮下脂肪が冷えて固まると、むくみを解消することは困難になります。そのため、材料には温熱の性質がある植物が配合されています。
マッサージで使う場合には、温熱成分の働きも影響してむくみを解消しやすくなりますが、このときには保湿成分の働きで潤いを保つように配慮されています。

 

体を温めるために使われているのは、カプサイシンを含むトウガラシですが、これだけでは刺激が強すぎるため、バニラの種子から抽出した成分を配合しています。
この配合によって、トウガラシの刺激を抑えながらも、体を包むこむような優しい温熱作用を引き出すことが可能になりました。

 

肌をすっきりさせるために、バンビジェリーには8種類の引き締め成分が配合されていることも重要です。
その中にはマテ茶エキスとコーヒー種子エキスを混ぜた成分があるのも特徴です。シソ科の植物から抽出したエキスも使うことで、植物由来の引き締め作用が複合的に働くように工夫されています。

 

肌に優しい成分として、バンビジェリーには6種類のオーガニックエキスも加えています。
この中には、リンゴのような甘い香りがするカミツレの花から抽出したエキスが含まれています。
セージエキスやラベンダーも配合することで、アロマの癒やしを再現することが可能になりました。これらのハーブの成分があるおかげで、マッサージで使う場合にもリラックスしやすくなる仕組みです。

 

バンビジェリーの保湿力を支えているのは、異なった作用がある潤い成分です。
水溶性コラーゲンは強力な保水力を引き出し、ヒアルロン酸とセラミドが高保湿成分として働きます。さらに、凹凸対策としてシンエイクという成分も配合して、保湿成分が無駄なく浸透するようになっていることも優れてる点です。

 

自然の植物を原料にしながら、肌にとって負担になるような材料を無添加にすることに成功しています。香料や着色料だけでなく、鉱物油や石油系の界面活性剤も無添加です。
このため、産後のボディケアに使うことも推奨されています。あるいは、敏感肌で困っている人にも優しい品質です。